ペースメーカー専門販売代理店として設立
 弊社は、1989年にペースメーカーの専門販売代理店として設立されました。開業と同時に日本エラメディカル社(現在はソーリングループ社として日本の輸入販売元は日本ライフライン社)と特約店契約を結び、東京都内、神奈川県下の主要大手病院に対しペースメーカーの納入業務を開始しました。
 その後、お取引先病院のニーズに応え、主要ペースメーカー各社日本メドドロニック社、SJM社(旧ゲッツブラザーズ社)、ボストンサイエンティフィック社(旧日本ガイダント社)などと次々に代理店契約を締結し、ドクターのあらゆるご要望に応えられうる、ペースメーカーの供給体制を整えて参りました。
 
お取引先病院から十全なサポート体制を評価
 創業以来の地道な活動は、お取引先病院からは迅速な納入、十全なサポート体制に対する高い評価をいただくことに、またメーカー各社からは誠実な取引姿勢から信頼を勝ち得ることができました。
 こうした弊社の営業基盤を生かして新たな分野を開拓すべく、1991年には、ボストンサイエンティフィック社と特約店契約を結び、インターベーション分野の医療機器の販売も開始、幅広く循環器分野の医療機器を取扱うこととなり、今日に至っております。
 
わが国の医療技術の向上の一翼を担いたい
 弊社社員は専門的知識の習得向上のため、各メーカー主催のトレーニング講習、研修会、勉強会等に欠かさず参加し、メーカーとドクターの良き仲介役を心がける一方、また医療の現場においては、ドクターのサポーターとしても活動しております。
 このように弊社は単なる販売業者ではなく、循環器系医療分野の専門集団の一員として、医療現場の裏方を担っているのです。わが国の医療技術の向上の一翼を担いたい、これが弊社の願いです。